2019年07月20日

輝く肌を手に入れませんか?

まだ間に合う。いつまでも透きとおる私⁉サプリメントで内側からアプローチ。厳選の成分を贅沢に配合。エステやコスメもいいけれど、大切なのは内側からのアプローチ⁉外側の対策しかしていなければ・・・これからさき、本当に”手遅れ”になるかも・・そこで、モデルさんたちに聞いてみました。輝くモデル肌、5つのルール。(1)朝も、洗顔・・寝ている間に空気中の塵やホコリが顔のうえにたまり、汚れるので、起床後は洗顔するべき。しかも朝に洗顔、化粧水や乳液で保湿すれば、肌がしっとりして化粧がキレイに決まる♪。また、ゴシゴシ洗顔すると肌を傷つけるので、洗顔料を優しくこすり合わせて、手のひらいっぱいに泡立てたら、顔を滑らせるように洗っています。(2)汗で落ちにくいメイク術で差をつける。化粧下地は「保湿成分が含まれるもの」「油分のバランスを整えるもの」「UV効果のある成分」を顔の部分ごとに使い分けるのがポイント。次にファンデーションは薄付けを心がけています。バッチリメイクを決めても、皮膚をファンデーションで覆うとメイク落ちの原因に!(3)日傘はあくまでも、対策の一つ。日傘の弱点は、上からの光は防げても、地面に反射した光は防げないこと。アスファルトの地面の反射率が10〜30%みたいで、建物の壁にも空気中の塵にも光は反射するから、日傘をさしても完全には防ぎきれないんです。また室内でも、光が差し込む窓際などに近寄らないだけでは不十分‼光は外と同じように床や壁、塵などに反射するから、気づかないうちに影響を受けることにも⁉日傘はもちろん使うけど、反射光にも気を付けるのがポイントです。(4)大切なのは「睡眠」と「食事」・・・新陳代謝は、実は夜中の睡眠中、最も活発に。【特に夜の10時から2時までの4時間は、ゴールデンタイム】なるべく早寝を心がけています。そして、タンパク質・ビタミン・ミネラルなど、栄養バランスの整った食事はもちろん、時にはサプリメントなどで補助していくことも意識して生活しています。(5)サプリメントで中からも整える・・内側から全身キレイに!外からの刺激に弱い私にピッタリ(橘ひろなさん)対策したくても表面が負けちゃうので、このままじゃヤバい。どうすればいいの?と困っていた時にモデル仲間から教えてもらったんです。こういうのって怪しいなと思いつつも、飲み始めてみました。すると対策がとても良い感じに♪。実感できるんだとびっくりしました。もちろん外からの対策はしていますが、カバーしきれない部分もあるので、しっかり内側からサポートさせるために愛飲しています。
posted by ケイオウ陽子 at 08:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: