2019年12月15日

敏感肌専門脱毛サロン

痛い!にさようなら。脱毛サロン選びで失敗したくない”あなた”へ。脱毛経験者が、脱毛サロン選びで一番後悔したこと・・それは、『痛み』があったこと。➀施術中に痛みを感じる⓶施術後に肌のトラブルに!⇒その原因は【光脱毛】や【レーザー脱毛】の方法にありました。光脱毛やレーザー脱毛が”痛い”原因とは。(理由1)毛根を破壊するときに発生する熱による痛み。よくある光脱毛やレーザー脱毛は、光を当てて毛穴の奥にある毛根を破壊する脱毛方法です。毛根を光の熱で破壊するために、その熱で痛みを感じます。(理由2)脱毛時の熱による毛穴の炎症による痛み。レーザー脱毛によって、毛穴の奥にある毛根を破壊するときの熱で毛根が炎症をおこし痛みを感じます。(理由3)脱毛時の色素に反応【皮膚のやけどによる痛み】レーザー脱毛の光は黒いものに反応して熱を与えます。毛根以外に”シミやほくろ、日焼け”などでメラニン色素が集中している部分にも反応するため、皮膚が軽いやけどの状態になり痛みを感じます。だから、従来の光/レーザー脱毛のような痛い脱毛は、もういや!そこで、毛の種にアプローチするほぼ痛みを感じない脱毛法。『新発想の脱毛』【ハイパースキン法】その秘密は、『毛の種』。ハイパースキン法は従来の光/レーザー脱毛とは違い、『いま生えている毛には何もせず、これから生えてくる毛の種』にアプローチする脱毛です。毛周期の「休止期」と呼ばれる休んでいる毛根には、次に生えてくる〔毛の種〕(発毛因子)があります。ハイパースキン法は体感温度36〜38℃の特殊な光を照射し「毛の種」にのみアプローチします。従来の光/レーザー脱毛のように毛根を高熱で焼く必要がありません。さらに冷たいジェルが苦手な方も大丈夫!つまり光/レーザー脱毛では、照射時の熱による痛みを軽減するため冷たいジェルを使用。光脱毛やレーザー脱毛を初めて体験したほとんどの人が一番びっくりされるのが、このジェルの冷たさ。冷蔵庫でジェルを保管している脱毛サロンもあります。ハイパースキン法は熱を使わないので冷たいジェルを使う必要がありません。(ハイパースキン法による)【美顔脱毛5つの特徴】➀敏感肌やニキビでも美顔脱毛することができる。光/レーザー脱毛のように毛根を高熱で焼く必要がなく肌に優しいハイパースキン法は、肌が敏感な方も施術可能です。⓶他店ではNGな部分もキワまで脱毛できる。
ハイパースキン脱毛専門サロン Dione お顔脱毛
ラベル:美顔 エステ
posted by ケイオウ陽子 at 10:13| 愛知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: