2020年09月11日

からだの内側からコラーゲン

これからのコラーゲンは、外から摂って内で”助ける。”一体どうやって?コラーゲンを内から助けることができるのか。コラーゲンは放っておくとどんどん減っていく。減ってしまうなら補いたい。でも、コラーゲンって飲めばいいの?実際のところはわかっていません。コラーゲンの経口摂取については諸説あって、結局いいのか悪いのかわかりにくいのが現状です。いい!という人もいれば意味がないという人も存在していて、インターネット上にも情報が溢れています。それならば・・コラーゲンを摂るよりも”コラゲーンを助ける成分”を摂った方がいいのでは?(コラーゲンを助ける成分)とは。コラゲーンは、「リジン」「プロリン」というアミノ酸が組み合わさってできているタンパク質です。つまり「リジン」と「プロリン」が【コラゲーンの働きをサポート】してくれるのです。さらに、コラゲーンと相性の良い「ビタミンC」を追加。コラゲーンそのものを摂取しても体内でアミノ酸に分解されるため、体内で力を発揮できないのです。「リジン」「プロリン」「ビタミンC」を直接摂った方が断然有利なのでは?そこで、これからはコラーゲンを内からサポートする【かつてないコラーゲンサプリメント】を開発しました。コラーゲンサポート成分の圧倒的配合量!(リジン30000mg)非必須アミノ酸のひとつです。牛肉・鶏肉・豚肉・魚類・大豆・ヨーグルト・チーズなどの動物性たんぱく質に多く含まれています。(プロリン15000mg)非必須アミノ酸のひとつでコラーゲンの主要構成アミノ酸です。ゼラチン・高野豆腐・チーズ・大豆に多く含まれています。(ビタミンC30000mg)ビタミンCは、コラーゲンに深く関与している成分で、サプリメントにも数多く配合される美容の王道成分です。ドリンクや化粧品への配合も珍しくなく、各所で使われていることからも非常に重要な成分だということがわかります。アセロラ・キウイフルーツ・トマトなどに多く含まれています。さらにコラーゲンとともに働く成分【エラスチン3000mg】・・美容のコンディションを高めるたんぱく質です。エラスチンは、コラーゲンの働きをサポートする役割を持つ成分コラファクト87000には欠かせないものだと考えます。コラーゲン同様、年々減ってしまうことから補うことが大切です。
コラーゲンは内から作る時代へ【コラファクト87000】
posted by ケイオウ陽子 at 21:57| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: