2019年08月10日

女性用育毛剤

女性ホルモンの働きに着目。女性の薄毛のお悩み対策に。【本格育毛剤】デルメッド ヘアエッセンス。
「ご存知ですか?」➀髪の毛が細くやせて抜けやすい。⓶分け目や地肌の露出が目立つ。⓷ハリやコシを失い髪がぺたんこ。これらはすべて、【女性特有の】髪のエイジング現象です。⦅40代を境に女性ホルモンはガクンと減少⦆女性ホルモン(エストロゲン)は毛根にも影響をおよぼし、成長不足によって細く柔らかい髪が増え、抜け毛も多くなります。⦅年齢とともに分け目が目立ちやすく⦆女性ホルモンの減少で髪のボリュームも変化し、分け目も目立ちやすくなります。⦅男性と女性で薄毛のメカニズムも違います⦆男性は発毛サイクルの異常で、額や頭頂部を中心に髪が抜ける。女性は、女性ホルモンの影響で全体的に細く、ハリのない髪が増える。『年齢による変化なら仕方がない』と”あきらめないで”ください。(新発想)発毛のカギを握る「BMP」に着目。女性ホルモンの減少にともなって、髪の成長を促す「BMP」が減少することに着目。三省製薬は「BMP」にアプローチする育毛成分「CTP」を開発しました。女性特有の薄毛の原因にアプローチ。育毛成分「CTP」は、500種類もの成分のなかから、三省製薬が見つけ出した成分。ランの開花やリンゴの果実の成長を促すなど、CTP(6−ベンジルアミノプリン)は植物幹細胞を元気にする働きがあり、農業の分野で広く使われていた成分です。1990年に、三省製薬の研究員が白髪防止剤の候補として研究していた約500種類もの素材の中から、優れた育毛効果があることを発見。植物の成長を促すように、髪の成長を司る細胞にも直接働き掛け、発毛を促進するチカラがあることを突き止めました。その後、育毛剤への応用を見つけて開発をスタート。1995年に厚生省(当時)から有効成分として認可されています。⦅女性の薄毛の悩みに高い評価⦆多くの育毛剤に、採用されています。有効成分として認可を受けて約20年。CTP(6−ベンジルアミノプリン)は、脱毛の治療にも役立てられてきました。つい数年前までは、男性特有のものとされていた抜け毛や薄毛の悩みが、最近では大人の女性にも増加。抜け毛によるボリュームダウンや、髪が細くやせることによる地肌の露出に悩む声も多く、CTP(6−ベンジルアミノプリン)のチカラが活かされています。実際、臨床試験においても、継続使用で抜け毛を予防し、太くしっかりとした髪を育むちからがあることが認められており、多くの育毛剤に採用されています。【成分の作用】女性特有の薄毛・抜け毛の原因に作用。”発毛のカギを握っていた女性ホルモンの存在”。女性の髪の太さは30代をピークに徐々にやせていく傾向にあります。その背景にあるのが、年齢とともに低下する女性ホルモンの分泌量。女性ホルモンにはさまざまな役割がありますが、髪とも密接に関係します。出産や更年期を経てホルモンの量が減ると、発毛を促す「BMP」という物質も減少し、しっかりとした髪が生えにくくなります。その結果、細くコシのない髪が増え、抜け毛が増えたり髪全体が薄くなったりするのです。
(成分研究室より)有用成分の力で、女性特有の髪のお悩みにお応えします。(1)根元から1本1本、はりとコシ。CTPの働きで、女性ホルモンの減少で低下しがちな髪の成長を積極的に促します。薄毛や分け目の目立ちなど、気になる髪のお悩み対策に役立ちます。(2)ふんわり美髪を育む。女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があるといわれる、ホップ抽出液を配合。育毛ケアをサポートして、ふんわりと美しい髪へと導きます。(3)フケやかゆみを防ぐ。殺菌作用のあるサリチル酸を配合。毛根の周りを清潔な状態に維持してフケや痒みを防ぎます。⇒独自の成分力・緻密な配合力・化粧品としての製剤力。これら3つの力を最大限に活かした「デルメッドテクノロジー」で、あなたが求める美しさへ、【デルメッドヘアエッセンス】が導きます。
三省製薬の本格育毛剤三省製薬の薬用育毛剤 />
ラベル:女性 ヘアケア
posted by ケイオウ陽子 at 10:53| 愛知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする